近年では女性はもちろん、男性でも日焼けのケア紫外線対策をしているほどです。

では、この紫外線対策、日焼けをそのままにしておくとどうなってしまうのか?それをあらためて確認しておきましょう!

日焼けをそのままにしておくと危険?

まず、結論から申し上げますと

しわ、シミ、黒ずみ、肌の弾力など症状は様々ですが、一気に「老化」を早める原因になります。

日焼けとはいわゆる「軽めの火傷」に当たります。

結果として乾燥して肌の弾力が失われることによって、しわだったりシミが発生します。また、ヒリヒリ感をそのままにしておく事で「かゆみ」をともなうことで、故意に体をかいてしまい余計肌が荒れて乾燥状態に入っていきます。

もちろん日焼けしないように「日焼け止め」を塗って頂くことが老化防止につながるケアの方法の一つです。

 

日焼けしてしまった場合のケアの方法

日焼けケアの方法
  • とりあえず冷やす
  • とりあえず保湿する

この2点になります。

日焼けをしてしまうと軽い火傷状態なので、皮膚に熱を持ちます。そうなってしまうと肌が異常に敏感な状態になっていますので、冷やしましょう!

あまりに日焼けがひどい場合ですと、水ぶくれなどが起こり、そこから皮が剥がれ落ちていきます。

保湿する場合も「冷んやりジェル系」を選んで使っていきましょう。ジェルの方が垂れづらいですし、あまりベトベトしないので、

夏の暑い時期などにはおすすめです。

日焼け対策はクリームだけじゃない!食生活も大事って知ってましたか?