日に焼けないようにする為に大切なのは、日焼け対策を怠らない事です。

適切な対策をすることで、肌トラブルを防ぐ事や、シミやしわ、黒ずみなどの対策にもなります。

紫外線を肌に受けるとたくさん発生するのが、活性酸素といわれる体を酸化させる素です。

体を酸化させるというのは、鉄などが酸化して錆びるのと同じように、体の老化を進める原因となります。

では、紫外線対策で使える日焼け止めクリーム以外の方法とは?

 

日焼けクリーム以外でも、できる対策

答えは「食事」です。

一般的にはビタミンが有効だと言われています、特に体の中に発生し体を酸化させてしまうと言われる活性酸素を抑えることにとても有効です。

特に夏などの紫外線が強い時期などにビタミンを積極的に取り込んでいくことで、体内からの「日焼け対策」になります。

 

日焼け対策にはどのような食べ物が良いのか?

1番有名なのは「赤い食べ物

例えばトマト、スイカ、グレープフルーツ、チリパウダーなどが挙げられます。

このように食べ物からビタミンの豊富な物を摂るようにすれば、日光を上手に遮断することができます。
なので体の中からも日焼け対策をしていきましょう。

また、食事から日焼け対策する事で、日焼け止めが手もとになかったり、無くなってしまった場合でも、体の中からケアしているので、日焼け止めのように1日に何度も塗り直さなくても大丈夫です。

ビタミンC、E、B2やカロチンなどが、ビタミンの中でも日焼け対策には有効な栄養素だといえます。

サプリメントなどでも勿論かまいませんが、これらのビタミンが特に旬の野菜にはたくさん含まれています。

1日に1回でも日焼け対策に役立つビタミン成分が含まれた野菜や、フルーツを食べるようにしましょう。

 

逆効果になってしまう食べ物もあります。

せっかく日焼け止めを塗って対策しているのに、逆効果の食べ物を食べていないですか?

実際に知っている人は案外少ないですが、代表的なものが、

逆効果の食べ物
  • 砂糖
  • 加工食品
  • ベジタブルオイル

などが挙げられます。

夏に良く食べがちな「アイスクリーム」などは典型的な食べ物と言えるでしょう。

日焼け対策というと、美容クリームを使ったり、帽子などで肌を隠す事ばかりが取り上げられがですが、日焼け対策を毎日の食生活でも取り入れることが可能ですので、おすすめなのは少しずつでもはじめてみることです。

是非参考にしてみて下さい。

日焼け止めを買う際は、SPFとPAを理解していますか?