日焼け止めクリームを買う際に何をみて買っていますか?

おそらく「50」「+++」などの表記をみて買っているかと思いますが、日焼け止め対策として、クリームを使う場合注意して欲しいのが、SPFとPAと言う指数です。

SPFと言うのは、中程度の波長の紫外線Bを防ぐ指数の事です。

PAというのは、同じように長い波長の紫外線Aを防ぐ指数の事です。

短、中、長と3つの長さがあるのが、紫外線の波長です。中と長の2つの紫外線が、私たちに影響があるといわれているものです。

日焼け止めを買う際は、SPFとPAを確認して買いましょう。

汗などに日焼け止めは強いとはいえ1日中は持ちませんので、朝出かける時に塗るだけでは効果がありません。

 

紫外線日焼け対策「SPF」と「PA」の意味

SPF30の場合日焼けしてしまう時間を30倍遅めてくれる効果があります。

基本ベースが何も肌につけていない状態ですと、30分程度で肌が焼けてしまう場合にSPF30の日焼け止めを使うと

SPF30の場合

30倍×30分=900分=15時間日焼けから肌を守ってくれます。

要は数字が大きければ大きいほどパワーが上がりその分、肌へのダメージも大きいのです。

よく分からず買っている人の中には「SPF 50」しか使わない!何ていう人がいますが、仮に20分程度で日焼けしてしまう方の場合。

SPF 50の場合

50倍×20分=1000分=約17時間になってしまいます。

 

 

そんな長い時間、外に出ている時間が普通の人でありますか?
ジャングルにでもいくんですかね?

 

なかなかいないと思います!!ましてや汗で流れ落ちたりもしますし、何度も付け直すこともあると思います。

一般的なオフィスや、少し外で遊ぶ程度でしたらSPF10〜20でちょうど良いですし、その分肌の負担も無くなり優しくいたわれます。

SPF10の場合

10倍×20分=200分=3時間です。

この事から、外に長くいなくてはいけない時間に合わせて日焼け止めもパワーを選んであげましょう。

 

日焼け効果を上げる方法

たとえ海など水に入るわけではない普段の生活をする場合でも、おすすめなのは1~2度塗り直しすることです。

日焼け止めを塗るだけではなく、日傘、帽子、サングラスなどといった小物も活用することで、日焼けの対策になります。

つばの広いタイプを選ぶと紫外線を遮る役目もしてくれ、頭皮や髪などを守ってくれる大切な日焼け対策のひとつが、特に帽子です。サングラスはUVカット機能などのあるものを選ぶようにしましょう。

目も紫外線の影響を受けていることを、私たちは、普段はあまり気にしていないものです。紫外線は決して目にとって良いものではないといえるでしょう。

サングラスを選ぶ際は、必ずUVカット機能があるかどうか確認して、しっかりと日焼け対策をしていただきたいものです。

是非参考にしてみてください!!

日焼け対策はクリームだけじゃない!食生活も大事って知ってましたか?