きちんと日焼け対策をしないとシミやしわ黒ずみなどの原因になるので、だんだん日差しが強くなるこの季節は気を付けなければなりません。

どのような対策をすれば、日焼けをしないでいられるのでしょうか。

日焼け対策について詳しく話す前に説明しておきたいのが、日焼けがどうして起こるのかと言うことです。

 

日焼けが起こる原因について

たくさん太陽の光を浴びたことが要因で日焼けすると思っていませんか?

「日焼け」と「太陽の光」というのは関係がないのが事実で、日の光が弱い冬や曇りの日でも、日焼けをスキーやスノボなどでも実は日焼けするんです。

そもそも、太陽の光が弱い曇りの日でも日焼けするのは、日焼けの原因が紫外線というものだからです。

日焼けの原因は2種類の紫外線にあります。

紫外線はA、Bと2種類あります。正確にはCというタイプもありますが、紫外線Cは地上に届く前に”オゾン層“に吸収されてしまいます。

問題は紫外線AとBです。

紫外線A

紫外線Aの特徴は肌の奥まで届く紫外線です。
またしわやたるみの原因とされています。

紫外線B

の特徴は肌の表面に紫外線が当たり、主に日焼けの原因とされ、シミやそばかすの原因になる紫外線です。

紫外線をたくさん浴びると日焼けするのですが、紫外線は太陽光線の一種で、晴れの日だけでなく、曇りの日でも降り注いでいるといいます。

皮膚は過度に日焼けすると乾燥しやすくなり、そこからしわやシミ、黒ずみが発生しやすくなりますので、肌にとって日焼けは良くないのです。

肌の老化を促進し、結果としてシミやシワ、黒ずみなどになる可能性が高くなります。

日焼けは”皮膚がん“といった深刻な問題を引き起こす原因となる場合もあるので、日焼けは肌にとって避けて通りたいものです。

日焼け止めを買う際は、SPFとPAを理解していますか?

 

日焼けしないための対策

季節が夏近くになると、あちこちで日焼け対策という話になります。おすすめなのは、暑い季節はもちろんのこと、年間を通して常に日焼け対策をすることです。

まずは日焼け止めの対策として、代表的なのが日焼け止めクリームです。

「SPF」と「PA」

どこかで聞いたり見たことはあると思います。無い人は今一度確認していきましょう!!!

SPF

SPFは→紫外線Bを防ぐためのものになります。
段階も「20」「30」「50」とあり最高で50です。

PA

は→紫外線Aを防ぐものになります。
段階は「+〜++++」の4段回用意されています。

数字、+が多いほど紫外線対策効果が高くなります。

ただし数字、+が多くなる分肌への負担も多くなっていきます。

是非参考にしてみて下さい!

日焼け対策はクリームだけじゃない!食生活も大事って知ってましたか?